Play-on-Street ‘Othello’, Space Ourselves (2011)

ヨーロッパで週末によく見かける一風景、カフェや公園でテーブルゲームを楽しむ人たち 。そこには和やかで緩やかな時間が流れ、同じ場所で眺める人たちとともに共有されている。そして大きなチェス(固定)がある広場では、より多くの人が集まって見ている。それらは偶然性を伴う時間と空間の共有であり、より大きな動きやコミュニティが発生する。


人が集う場所 = 公共性


ゲーム = 一時的な非日常性や精神的なゆとりの時間と空間を与える


日本で老若男女誰もが知っているテーブルゲーム = オセロ


通常の10倍の大きさ約4m四方のオセロをつくる。

身体性や携帯性(モビリティ)を重視し、オセロ盤(シート)を折りたたみ可能かつ非常に丈夫で長持ちな天然帆布、また石(コマ)は重さ・大きさ・コスト・相性を考慮しバルサ材、そしてそれぞれ持ち運びに便利な鞄も天然帆布で製作する。ただ天然帆布は自然繊維な為、当然水を含めば重くなり、手入れを怠ると変色したりする。 そこには、ただ単にゲームを楽しむだけではなく、ものを大切にする人の愛着心が記憶とともに反映されることとなる。


オセロセット (一澤信三郎帆布との打ち合わせによる)

・オセロ盤(約4m四方/1枚・ 天然帆布・約6kg)、

・白黒の石 (直径35cm/64個・1cm厚バルサ片面焼き仕上・ 約6kg、ただし模型は帆布)

・鞄(約60cm x 40cm x 40cm/2つ・天然帆布・約0.5 x 2kg)


オセロの他に、囲碁・五目並べ、将棋、チェス等のヴァリエーションを検討中。

PR