駒込の角家 / The corner house in Komagome, 東京/Tokyo JP  (2021)

「駒込の角家」

敷地は狭あい道路の多く残る木密地域にありながら、T字路の北東角地に位置し、向かいの建物がセットバックしているため、かなり先からも見通すことができる。そのような狭小地に建つこの住宅は、白い直方体の上に折れ曲がった黒い屋根が浮いたように載り、2方向の道路にヴォリュームが突出するアイコニックな印象を外観に持つ。

同様に内部空間もシンプルな構成になっている。接道する2方向道路からの視線が気にならないようメインとなるLDKを2階にすることで自然光が入り明るく、そして1階に閉じた寝室や水回り、3階にオープンなロフトとバルコニーを配している。また中心となるLDKは限られた床面積を少しでも広げるべく階段を取り込み、壁と天井を押し出すことで、狭いながらも快適に過ごせるようにしている。


用途        :専用住居

延床        :80.7㎡(ロフト含)

構造        :木造3階建

構造設計  :株式会社ハシゴタカ建築設計事務所 (東京)/ 高見澤孝志

施工        :株式会社幹建設 (東京)

黒タイル. :株式会社 水野製陶園 (愛知)

写真        :梅原悟

(C) Satoru Umehara

PR

stairs 2F~3F

south-east facade

south-west facade

LDK

hall & stairs 1F~2F

LDK

LDK & stairs

stairs 1F~2F~3F